当方で使っているミシンは、主に皮革縫製用ミシンを使っています。
布等の薄い素材を縫いは、得意ではありません。
ってか?・・・あんまり必要性がない(^^;
裏地を縫いにするには、1台ありますが充分(スペースの関係で出せません)

ミシンはアパレルを縫うミシンが主流
皮革を縫う工業用ミシンは、特別なジャンルになります。
当方は、基本革を縫うのが仕事なので、その適材ミシンを使ってます。

海外の有名ブランドバッグメーカーもそうなんですが・・(苦笑)
総合送りミシンという機構のミシンで縫っております。
なにが違うのか?・・・・一番の理由は縫いの力、そして裏掻きをしない 裏掻きは、ミシンの送り歯のギザギザで、縫製する革に軽いキズがはいる事

下送り→上下送り→針送り?→総合送り
開発の順番は正確とは、若干言えませんが、おそらく正しいかと思います。
布の場合は、送り歯のキズを気にする必要なく
厚い布とかを縫う必要性から、順々に開発されてきたと思います。

フラットベッド(平ミシン)
俗にミシンといえば盤は、フラットなこのミシンでしょうか


シリンダーベッド(腕ミシン)
横から腕が出ている様に、小さい針板があって自由度の高いミシン


ポストベッド(ポストミシン・・・そのままーー;)
下からアームが出てます、局所縫いができる一番自由度の高いミシンかな
 ← 実際には、この写真の筒の太いミシンを買いました

他にも・・・・・いろいろなミシンがありますが
主に上記記載の平・腕・ポストミシンを使って縫製をしています。
なんせ狭い場所にミシンがありますので、全部は出せません